長野 風俗

長野県は風俗に関してとても厳しい県の一つです

長野県は本州のほぼ中央に位置する内陸県で
昔は信州国と言われていたことから
信州と呼ばれることがよくあります。

 

甲信越地方と区分けして呼ぶこともありますが
甲は山梨県、越は新潟県、そして信は長野県を指します。

 

面積は135万平方キロメートルを超え、
北海道、岩手、福島に次ぐ大きさを誇りますが、
山岳地帯が多いため可住地面積はあまり広くありません。

 

しかし、総人口は200万人を超しているので
面積が狭い地方都市と比べるとかなり多くの人が暮らします。

 

南北に長く高山や盆地、平野などいろいろな地形があることから
気候は場所によってかなりの違いがあり、
高地では北海道なみに厳しい寒さに襲われます。

 

夏は東京並に暑くなることがありますが、
熱帯夜はまずないことから全体的に涼しい気候といえます。

 

ケーブルテレビ局の数が多いことから
可住地の厳しさなどが窺えますが、
面積が広く自然が多いことから観光地の数が多く、
楽しめる要素が多い特徴もあります。

 

スキー場や高原、アルプスの山々、湖、温泉、史跡など
全て堪能するのは相当な時間がかかります。

 

そして長野県で有名なのが教育にとても熱心であることです。

 

教育県と言われることもよくあり、
田中康夫氏が知事になってから改革をすすめ、
学生の休日が他の地域より少ないことが特徴です。

 

そのことから風俗は青少年の教育と真っ向から
対立するものであるという考え方が強く、
かなり厳しいことで知られています。

 

店舗型風俗は基本的に全て禁止であり、
ソープもヘルスも県内全域が実質禁止エリアとなってます。

 

そのためソープランドは県内のどこにもなく、
ヘルスは上山田温泉に1件が残るのみとなっています。

 

長野市内にはピンサロが多く残っていることから
長野風俗はピンサロというイメージが強いです。

 

あと土地が広いことからデリヘルを呼ぶのも
苦労する都市がけっこうあります。

 

つまり働くにも不利な場面が多いってことです。

 

ちなみに長野県はエイズ発症率が全国2位と
かなり深刻な順位となっていますが、
それも風俗が少ないことやナンパ文化などが
影響しているのかもしれません。

 

地域医療などの関心の高さから
平均寿命が日本で一番長いという側面もありますが、
それは西洋医学的観点から見たに過ぎず、
健康寿命が長いということではないと思います。

 

同じく風俗に厳しいことで有名な長崎県でも
18歳未満のコンドームの購入を規制するという
明らかにおかしい規則が設けられましたが、(現在は廃止)

 

規則が厳しい地方ほどやはりどこかで
膿が発生するものだと思います。