松本市 風俗

松本市は以前は風俗がそれなりに充実していましたが…

松本市は長野県の中部に位置し中信地方を代表する大都市です。

 

人口は長野県に次ぐ24万人を有し、
松本都市圏には約37万もの人々が暮らしています。

 

かつて松本城下町で発展し、現在も城が残っていることから
観光地としての知名度が高く県庁所在地よりも存在感が上かもしれません。

 

戦災を免れた数少ない都市のひとつであることから
歴史的建造物が多く現存する都市でもあり、
経済や行政より文化が際立っている特徴があります。

 

人口が多いことなどから高層マンションの建設が続いており、
地元住民と市が歴史的な景観について論争が起こっています。

 

現在は市都市景観条例が作られたことで
歴史文化が最重要とする考えとなっており、
地元住民の期待にそった政策となったようです。

 

自然の情景もすばらしいものがあり、
市の面積は県内で最も広く西方には
日本で最高峰の山々が連なることで知られます。

 

夏は暑く冬は寒い傾向にありますが、
近年は全国の都市と同様に極寒になることは
少なくなっているようです。

 

人口規模が大きく駅前には商店街が広がることから
観光以外にも商業もかなり盛んであり、
百貨店、スーパーマーケット、イオングループなどの
大型商業施設が多く進出しており、

 

商店街は松本駅前商店街以外にも
大名町商店街や仲町商店街など、
17もの商店街がひしめき合っており、
県内を代表する繁華街の一つです。

 

松本駅は立派な作りとなっており、
長野市、東京、名古屋などを結ぶ特急も通ることから
交通の要衝としての顔もあります。

 

観光スポットは上高地や乗鞍高原などの自然景勝地、
国宝の松本城を始め、数々の博物館や記念館、
美ヶ原高原、浅間温泉などの温泉地、
各種寺院、神社、城跡など文化財レベルの建物が多く、
観光にはぴったりな都市です。

 

年間を通して行事も多く宿泊施設も充実してるので、
何をするにも便利な場所だと思います。

 

ただ風俗で働くには少々不利な面があります。

 

というのも、
近年店舗型風俗の数がかなり減ってきており、
松本市も例外ではありません。

 

かつては駅の東側に広範囲にわたって
ファッションヘルスが点在していたのですが、
現在では摘発による閉店が相次ぎ
廃業やデリヘルへの転向が余儀なくされてしまってます。

 

少し前2010年前後まではサルタビルなど、
風俗店が入ってるお店が多かったのですが、
現在はほとんどが姿を消しているようです。

 

風俗情報サイトで松本市に絞って検索しても
デリヘルの求人しか出てこないうえに、
公式らしきホームページも消えてるところだらけなので
おそらく生存は絶望的かと思われます。