長野市 風俗

長野市の特徴と風俗について|ピンサロとデリヘルが中心

長野市は長野県の北部である北信地方の中心都市で、
県庁所在地となっており人口は約38万人ほどです。

 

都市圏となると60万を超える規模となり、
県の約3分の1が長野市界隈に住んでることになります。

 

北部に位置していることからけっこう寒そうに思えますが
最近はヒートアイランド現象などが関係してか
マイナス10℃以下になることは稀になり、
降雪量も日本海に近い割にはそんなに多くありません。

 

夏は猛暑日になることがありますが、
関東よりは過ごしやすいレベルです。

 

過去には様々な合戦の舞台となり、
多くの歴史的な建造物が残る地でもあります。

 

長野オリンピックの拠点となった都市で
周辺の観光地の拠点としても便利な場所です。

 

新幹線が通ってることがやはり強みになってると思います。

 

通勤ラッシュ時は非常に混雑しますが、
その対策に熱心に取り組んでいることから
対策レベルは高いと言われています。

 

観光地では有名な善光寺を始め、
多くの城の跡を見学することができます。

 

城跡の数(17)だけでも歴史的に
重要な舞台となったことが窺えます。

 

長野駅周辺は権堂アーケードをはじめ
多数の店舗が立ち並ぶ繁華街を形成しており、
1日に何万もの人々が往来する重要な場所です。

 

長野県を訪れる人のほとんどは
駅周辺のエリアになんらかの楽しみを求めて
足を運びたくなるでしょう。

 

中には風俗で遊びたいと思う人も多いはずです。

 

長野県は教育県と言われるくらい
勤勉でまじめな考え方をする地方だということが有名で、
その考えと逆行するであろう風俗には特に厳しい県の一つです。

 

そのためバリエーションは全然よくないですが、
権堂エリアにはピンサロが多く集結しているエリアなので、
唯一違う意味で教育を受けられる場所と言えます。

 

ソープは皆無でヘルスは上山田温泉にいかないとないですが、
長野市は県内で最もデリヘルが多い都市なので
実は風俗で働くのにそんなに困らなかったりします。

 

デリヘル嬢が呼べる可能性が高いシティホテルや
ビジネスホテルも多数存在していることから
教育県だろうとなんだろうと需要があることを裏付けてます。

 

店舗型が少なすぎるため抵抗感がある女性も少なく無いと思いますが
ピンサロ以外にもキャバクラなどの飲み屋もあり、
いわゆる風俗過疎地域と比べると働き口は地味に多いので
一般職に縛られることはほとんどないでしょう。

 

権堂以外にも上千歳町や南千歳町、
北石堂町にもそっち系のお店が点在してるので、
いろいろ探索してみるといいと思います。