長野 ソープ

長野でソープ営業しているお店を全くありません

風俗産業は江戸時代の初期から続く
色んな意味で重要な意味合いを含むもので、
現在も多くの人に利用されています。

 

特にソープランドは風俗の王様といわれ、
サービスの質は風俗の中でトップクラスです。

 

店によってはランクがあるので、
どこでも極上のサービスを受けれるとは限りませんが、
一般的には最も楽しめる場所になります。

 

そのぶん値段は少々お高めなので、
ヘルスやデリヘルに留める人も多いですが、
それでも客足が途絶えることはありません。

 

不況により閉店するところもあると思いますが、
ソープは基本的に商業エリアにあるものなので、
僻地にあるケースはほとんどありません。

 

ソープで問題となるのはなんといっても条例と法律となります。

 

長野県はその問題が顕著な例のひとつです。

 

ソープランドは風営法という法律で営業地域などが
厳しく制限されている風俗店の代表格です。

 

さきほど商業エリアにあると述べましたが、
それはそこでしか営業できないからです。

 

そして新規に出店することが出来ないので
今後増えるどころか減る一方なのです。

 

たとえ届け出をちゃんとだして営業してたとしても
ソープはもともとグレーな一面があるので
警察当局の気まぐれでいつでも摘発できるものです。

 

風営法は改正されるごとにルールが厳しくなっており、
新規出店だけでなく経営者が変わることも禁止したりして
一度閉店したら終わりという状況です。

 

現在もソープは日本だけで1200店舗ほどありますが、
今後も減ってくることは必至だと思われます。

 

すでに長野をはじめソープが全くない県が多くあるので、
今後そういう県が増えてくるということです。

 

しかも長野県は風俗に厳しい県の代表例なので
ソープに限らず店舗型風俗自体が絶滅しつつあります。

 

長野市や上田市にピンサロは残ってますが、
今後どうなるかという感じです。

 

お隣の群馬県も風俗で有名な都市がありましたが
現在では多くの店舗が閉店しているくらいです。

 

一応長野県の条例では長野市と松本市の一部地域は
例外とされていますが、結局は風営法によって
ソープを営業することは不可能となってます。

 

ということでいろいろ考えても時間が過ぎるだけなので
働くとしたらデリヘルかピンサロを選択するのが基本です。

 

それが嫌なら首都圏まで出向くか近隣県まで移動する必要があります。

 

近隣では山梨県、栃木県、埼玉県、岐阜県などに
ソープランドが密集する地域があります。

 

あと首都圏ならファッションヘルスなどの店舗型も多くあるので
働き口の選択肢はとても多くなります。