上田市 ピンサロ

上田市は長野県の中ではピンサロが多く生き残る?

上田市は長野県の東方(東信)地方に位置し、
人口は15万人強となっており長野市と松本市に次ぐ
県内3番目の規模となっています。

 

市の中央には千曲川が流れており、
市街地は上田城を中心に作られている感じです。

 

季節による寒暖差がわりと激しく、
年間降水量は1000ミリ弱となっており
全国有数の少雨地帯として知られてます。

 

しかし川が多く流れていることや
江戸時代から農業が盛んだったことから
溜池が多くあり、ダムや湖もあることから
水不足に陥ることはない優れた特徴があります。

 

今でも農業はとても盛んであり、
有名なりんごをはじめぶどうやキャベツなど
いろいろ農産物の生産地となっています。

 

工業も昔から盛んで特に蚕の養殖は
世界に誇るほどの生産規模を誇っていたこともあり、
現代では電気製品や車の生産が盛んとなっているようです。

 

そのため上田市に本社を置く企業は結構多いです。

 

そしてその土地の顔ともいえる第3次産業、
いわゆる観光や商業についても見どころが多くあります。

 

上田市は真田氏ゆかりの地であることから
それに関連した史跡が数多く残っています。

 

例えば上田城跡公園、真田本城、長谷寺などです。
市街地には真田氏の歴史館もあります。

 

他にも三重塔がある信濃国分寺や前山寺、安楽寺など
多くの貴重な歴史的建造物があるので、
ファンにはたまらない街かもしれません。

 

温泉は奈良時代に開湯したとされる別所温泉をはじめ、
丸子温泉郷、角間温泉があり、
冬にはスキーも楽しめる高原もあったりと
いってみるとけっこう楽しめると思います。

 

上田駅の近くには繁華街もあるので、
買い物などの用事も足すことができます。

 

駅付近にはイトーヨーカドーなどの大型商業施設があり、
少し北へ進むと天神などの商店街があり、
県道79号線沿いには歩道にアーケードが設けられ、
多くの店舗が軒を連ねています。

 

そして脇道のほうには大人のお店もあるのが特徴です。

 

ある意味ここからがメインのお話になりますが、
上田市は長野県内屈指の風俗存在エリアとして
昔からその地位に立ってきました。

 

といってもソープやヘルスが台頭してたわけではなく、
ピンサロがかなり多い特徴があります。

 

かなりといえど長野県内を基準にした感じですが、
風俗過疎地域としては貴重な存在といえます。

 

条例が厳しいので今現在どのくらいあるかわかりませんが、
体験談を参考にすると10件以上のお店が確認でき、
体験時期も比較的新しい情報が多いので、
生き残ってる店舗はけっこうあるかと思われます。

 

例えばとなりのお姉さん、いろは、ハーティなどは
いまだに営業している可能性は高いです。

 

デリヘルなどの出張型ではなく店舗型の風俗で
働きたいと思うのなら参考にしてみてください。